リソース

  • 用語集
  • リンク集

用語集

あ行

  • 衣裳部

    衣裳を管理する部署。戦後の撮影所システム下、現代劇の場合は、傷んだ衣裳を繕い、洗濯して清潔に保ち、シーン毎に的確に衣裳を準備するのが主な仕事だった。衣裳の調達は、テイラーへの外注や貸衣裳業者からの借用により行っていた。日活を皮切りに、女性衣裳は服飾デザイナーにデザイン・製作を外注した会社もあり、その代表的な例はデザイナーの森英恵である。一方、時代劇の衣裳は、衣裳部のスタッフが呉服店から手に入れた反物で製作し、必要に応じて「汚し」を施した上で使用される方法が一貫して取られた。
  • 映倫

    日本において、映画の対象年齢を審査している(レイティング)機関。正式名称は映画倫理機構。戦後数年間はGHQが映画検閲を行っていたが、1949年に映画業界の自主規制機関として映画倫理規程管理委員会が設立され、映画の審査を行うことになった。これが映倫の起源だが、1957年からは業界から独立した第三者機関となった。
  • オンスクリーン/オフスクリーン

    スクリーン上には見えていないが、映画の世界(物語世界)の人物には感知できるであろう場所や事物を例えば「オフスクリーン空間」「オフスクリーンにあるリンゴ」と呼ぶことができる。これに対してスクリーン上に見えている事物であることを強調するためにオンスクリーンという言葉が使われる。 オンスクリーン/オフスクリーンという言葉は視覚的な情報だけではなく聴覚的な情報、音についても用いられる。オンスクリーンの音はスクリーン上に映っている人物や物から発せられている音のことであり、対してオフスクリーンの音はオフスクリーンの空間に存在する人物や物から発せられている音のことである。

か行

  • カチンコ

    →ボールド
  • カット

    編集において、あるショットから別のショットへとつなぎ合わせること。1990年代にデジタル編集が台頭するまでは物理的にフィルムを切断(カット)し、接合することで作られた。
  • カメラテスト

    映画の撮影において、カメラの調整およびカメラワークの確認のために行われるリハーサルのこと。多くの場合、スタッフもしくはエキストラが代役を務める。
  • 教育映画

    児童の社会的、道義的教育を目的とした映画や、学術・技術の伝達を目的とした記録映画のこと。映画は当初から教育のための教材になりうるとして注目され、文部省は戦前より、映画教育デーや、「講堂映画会」運動を推進した。戦後は民主主義の徹底を目指した教育映画の製作が盛んに行われ、主に16ミリプリントの販売や貸し出しが行われた。現在教育映画の製作は減少したものの、国立映画アーカイブが優れた教育映画プリントの著作権処理・収集・保存に努めた結果、上映が可能となっている。
  • 教宣映画

    労働組合や政党が、大衆に向けて自らの考えを伝え、教育するために製作した映画の1ジャンル。
  • クロースアップ

    ある特定の事物をスクリーン上に大きく映すこと。映画においては人物の顔がクロースアップで映されることが多い。映画が作られはじめた当初、クロースアップは『おばあさんの虫眼鏡』(1900年)のように、アトラクション的な効果を狙っていた。『國民の創生』(1915年)や『イントレランス』(1916年)で知られるD・W・グリフィスが、この技法で登場人物の表情を示し、効果的に物語を語ったとされている。

さ行

  • サイレント(映画)

    音がついていない映画のこと。無声映画とも。対義語として、音がついている映画のことをトーキー(映画)と呼ぶ。1895年にフランスのリュミエール兄弟が初めて映画の上映を行ってから約30年間、サイレント映画(ただし映画館ではほとんどの場合、ライブの音楽が提供された)の時代が続いたが、1927年にアメリカで長編トーキー『ジャズ・シンガー』が成功をおさめて以降、その作品数は減少していった。日本では、サイレント映画の上映中に解説を行う弁士(活動弁士)が人気を博していたこと、映画1本の製作費が低く抑えられていたことなどの複合的な理由で、トーキーの導入と浸透は遅れた。
  • フィルムの長さ、およびカットやシーンの持続時間のこと。作品自体の時間を指す場合もある。
  • ジャンル

    作品のテーマやプロット、登場人物のタイプやストーリーの語り方、アクションの舞台・背景などの特徴を慣習的に共有する一定数の作品群のこと。各ジャンルに単一の厳密な定義はなく、多くの場合、複数のカテゴリーにまたがっている。西部劇、ホラー映画、ミュージカル映画などのジャンルがある。
  • 松竹

    映画や演劇の製作、興行、配給を手がける会社。1985年の創業当初は歌舞伎が専門であったが、1920年に松竹キネマ合名会社を設立し、蒲田(東京都大田区)に撮影所を開設して映画製作を開始した。30年代および50年代には女性観客向けのメロドラマと人情ものを量産し、中でも『君の名は』(1953年)は観客動員数を塗り替えるヒットを記録した。1960年前後からは大島渚をはじめ若い監督が台頭し、「松竹ヌーヴェルヴァーグ」と呼ばれた。1969年には『男はつらいよ』が開始、1996年にシリーズが終了するまで、同社の看板作品であり続けた。
  • ショット

    カメラが動き始めてから止まるまでに撮影されたひと続きの映像。撮影時においてはカメラが動き始めてから止まるまで、編集時においてはふたつの編集された映像の間の一連の映像を示す。
  • 新東宝

    1947年から1961年まで存在した映画会社。1946年に勃発した東宝争議において、争議へのかかわりを拒否した俳優陣が「十人の旗の会」を結成。その他スタッフたちが加わり1947年に「新東宝映画製作所」を設立し、新東宝が誕生した。当初は黒澤明の『野良犬』(1949年)、溝口健二の『西鶴一代女』(1952年)等の名作が生まれたが、1953年に大蔵貢が社長に就任すると作風は一変し、エログロ、怪談、サスペンスといった娯楽作品が中心となった。薄利多売方式が赤字経営へと導き、1961年に倒産した。
  • セルロイドの天井

    映画界において女性が監督や脚本家などとして活躍する機会を阻む、目に見えない障壁のこと。女性や社会的少数者の昇進を阻む「ガラスの天井」から派生した言葉で、セルロイドは映画のフィルムに使用される素材である。2020年のアメリカにおける興行収入トップ100の監督、脚本家、プロデューサー、編集、撮影監督を務めた女性の割合は21%にとどまっている。

た行

  • 大映

    かつて存在した映画会社。1942年、戦時統制の一環として企業統合が行われた結果、新興キネマ、大都映画、日活の製作部門が合併され、大日本映画製作株式会社(大映)が誕生した。占領期から50年代にかけては「母もの」と呼ばれるメロドラマ、60年代は勝新太郎と市川雷蔵によるシリーズものなどの娯楽作品で人気を博した。一方で、黒澤明の『羅生門』(1950年)の受賞以来、国際映画祭へ積極的に出品し、溝口健二の『雨月物語』(1953年)等が海外で受賞。カラー作品にも注力し、インドで撮影された70ミリのカラー大作『釈迦』(三隈研次監督、1961年)も製作した。しかし業績の悪化に伴い、71年に倒産した。
  • テスト

    →カメラテスト
  • 東映

    1951年、東京映画株式会社が東横映画と太泉映画を吸収合併し、社名を「東映」と変更して発足。京都にも撮影所を設立し、片岡知恵蔵、市川右太衛門、中村錦之助、大川橋蔵らのスターを擁してチャンバラ映画を多数製作。また、1954年に二本立て興業を始め、他社もこの方式に追随した結果、日本映画界は量産体制に入った。60年代には、時代劇人気に翳りが出ると暴力と性描写を先鋭化させて対処する一方、義理と人情をテーマとするやくざ映画の製作で人気を博し、70年代にはその内容を過激化・現代化した『仁義なき戦い』(1973年)などの「実録路線」が一世を風靡した。
  • 東宝

    1943年、株式会社宝塚劇場が東宝映画株式会社(1931年に設立された写真化学研究所〈Photo Chemical Laboratory(通称P.C.L.)〉などの合併会社)を吸収し、映画製作を始めたのが起源である。1946年より1950年まで東宝争議とその余波で社内が荒れたものの、ゴジラ映画に代表される特撮物に力を入れつつ、黒澤明や成瀬巳喜男の作品を配給。60年代に入ると「社長」シリーズ、「駅前」シリーズといったシリーズもので人気を博し、70年代にはアイドルを起用してかつての名作をリメイクした。
  • トーキー(映画)

    映像に音声がついている映画のこと。つまり、映画フィルムのサウンドトラックのように、映像に音声が分かちがたく結び付けられたフォーマットをもつ映画のこと。動く映像に音声、音響を付ける試みは映画史の最初期からなされていたが、技術的に同期が難しく、初期の映画は無音の映像のみで構成されていた。このような映画をサイレント映画(無声映画)と呼び、その対義語として音声のついている映画をトーキー(映画)と呼ぶ。長編トーキー映画として初めて商業的・批評的な成功をおさめたのは1927年アメリカの『ジャズ・シンガー』で、日本では1931年の『マダムと女房』が本格的なトーキー時代を開いた画期的な作品とされている。

な行

  • 日活

    国内の活動写真商社4社が合併し、1912年に創立された映画会社。1942年、戦時統合により製作部門が切り離され、外国映画の配給を専門とする会社へと変わるものの、1954年に製作再開を果たす。1956年に『太陽の季節』(古川卓巳監督)等が予想外のヒットを記録すると、石原裕次郎等のスターを配した娯楽映画を量産。「無国籍アクション」、「青春純愛路線」等の作品群を生んだ。1971年に成人映画のみを製作する「ロマンポルノ」路線へと舵を切ると、悪化した業績を回復させた。

は行

  • 美術部

    映画作品のセットを製作するチームのこと。室内空間のみならず、建築、街並み、自然、災害等、画面内に映るあらゆる景色を隅々までデザインし、監督の世界観を視覚化する上で最も重要な役割を担う。まず美術監督が監督他技術者との打ち合わせでセットの内容を大まかに決めると、セット上の建物や配色に関するデッサンを描く。次に美術監督の監修に従って、装置のスタッフがセットの建築・塗装や、小道具の調達、インテリアの装飾等、各役割に応じて携わり、完成させる。
  • フレーミング

    フレーム内にどのような事物をどのように配置するか決定すること。フレーミングによってスクリーンで映し出される印象が変わるため、映画を撮影する際の重要なポイントとなる。また、フレーミングはモンタージュと同様に批評の対象となり、観客が映像を見た際のスクリーン上の事物の配置それ自体を表す語として用いられる場合もある。
  • 文芸映画

    文学作品を原作に製作された映画作品のこと。
  • 弁士

    サイレント映画(無声映画)を上映する際に、スクリーンの脇にいて場面の解説を行う職業のこと。活動弁士、映画説明者ともいう。音のついているトーキー映画がなかった時代の日本ではサイレント映画を弁士と伴奏付きで楽しむ鑑賞方法が主流であった。弁士はそれぞれ個性的な語りを行うため特定の弁士目当てで観客が集まることも多かったが、トーキー映画が導入されてからは職業そのものの必要性が無くなり、1930年代中盤以降、弁士の文化は一気に廃れていった。とはいえ現在に至るまで弁士は職業として存在し、様々なイベントで弁士付き上映を楽しむことが可能である。
  • ボールド(カチンコ)

    映画の編集時に各テイクを識別し、かつ音声とフィルムのタイミングを合わせるために使用される道具。音の鳴る拍子木部分とボード部分から成り、ボード部分には製作タイトル、シーン、ショット、テイクなどが記される。

ま行

  • 満映

    1937年から1945年まで満州国に存在した映画製作所。正式名称は「満州映画協会」。国策映画の製作を目的として、日本から技術者を招聘し、現地の俳優練習生を訓練した。撮影所は新京郊外に作られた。満映の作品は、娯民映画、啓民映画、時事映画の3種類に分けられ、日本人スタッフは、現地の人たちの「啓蒙」を目的とした啓民映画を主に製作した。1945年に日本が敗戦を喫すると、撮影所と機材はソ連軍に接収される。戦後45年以上を経て、ロシアの国立映画保存所で大量の満映フィルムが発見された。
  • メロドラマ

    善悪の葛藤のような明確な二項対立を中心に物語が展開し、主人公が多くの災難と苦難を経験しつつ、最終的には救われるという形式を基本とする映画ジャンルのひとつ。観客の情動に強く訴えかける誇張された演出・音響などを特徴とする。
  • モンタージュ

    1.映画制作者が撮影した様々な映像(ショット)を繋ぎ合わせてひとつの連続性のある映像にする作業のこと。編集と同じ意味で用いられる場合も多い。現在映画の撮影・編集はデジタルが基本であるが、映像がフィルムで撮影されていた時代には映像編集は物理的にフィルムを切断したり接合したりすることによって行われていた。 2.完成した映画作品に対して批評や感想を述べる際に用いられる用語で、映像の組み合わせのことを指す。どのように映像が繋ぎ合わされ展開されていたかということは物語の意味理解や映像表現の美的理解に大きく関わるため、重要である。1と同じく、編集と同義で用いられる場合が多い。 3.特定の時代に特定の地域で頻繁に使用された、もしくは理論として唱えられた映像編集技法のこと。ただし、この意味で言及される際には「ソヴィエトモンタージュ」などの固有名称が使われる場合が多い。

ら行

  • レイティング

    映画業界におけるレイティング(システム)とは、規定に従って映画を対象年齢別に分けることを指す。国や地域ごとに規定は異なり、それぞれ特定の機関が審査し作品の対象年齢を決定する。日本においては映画倫理機構(映倫)がその役目を担っており、現在ではG、PG12、R15+、R18+の四段階で映像作品を審査している。

リンク集